首掛け式の扇風機が手放せない

子どもの頃から喘息があり吸引も一日数回しなければなりませんでした。社会人になってからは、仕事や対人関係のストレスも増してきて日頃からの予防は欠かせなくなりました。特にコロナ騒動になってから

持病があると悪化しやすいというので一苦労です。マスクをしていても喘息の症状は出てしまいますしコンビニ等で咳をしているとお客さんがジロっと見てくるのはとてもつらいです。我慢しようとすると余計に出てしまうのでお店に行くにもためらってしまいます。今回のケースは店員さんがフォローしてくれ事なきをえました。普段の買い物に加え通院するにも神経を使うという有様ですが油断は禁物です。とりわけ花粉の時期と重なると負担は大きく外出する時は用事を一度に済ませて帰ってきたら手洗い・うがい・消毒することはもちろん着ていた衣類はすぐに洗濯機にかけ速やかにシャワーをあび清潔を保ちます。熱中症にかかるこの時期は、首掛け式の扇風機が手放せないのです。

ひとには、人それぞれ特有の悩みがあります。
胸の悩みには、ナイトブラで解消できるかも!

メニューを閉じる